サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/azumi

厄除招福の梵鐘


1767年に鋳造された梵鐘は、3度の大火、そして太平洋戦争時の梵鐘供出をも免れたことから、「厄除招福の梵鐘」と言われる。


ひっそりと、何事もなかったように249年間、厳かな音を響かせ続けている。今年の除夜の鐘が聞こえる頃、鋳造から250年を迎える。





富山市梅沢町、大法寺には菅原道真公(天神様)を祀る祠「菅神祠(かんじんし)」もあります。



梅沢町 大法寺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11446149c.html
古刹巡り 富山 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

秋の国泰寺

義経岩を通り超えるともう氷見のような感覚に陥ってしまうが、あとしばらくは高岡市。そんな高岡市のはずれにある国泰寺。無骨な感じの建築物が揃う伽藍には、桜の時期がいいわけでもなく、特別いい時期があるわけでもないと思っていた。


建造物を見ると落ち着くので年に数回訪れるが、あえて言えば秋の紅葉時期は良いかな?くらいの印象でした。ところが、去年の秋だったか今年の春に、薄暗かった立正塔(三重塔)への階段付近の大木が伐採され明るくなり、三重塔が見やすくなった。そして、山を覆っていた竹林もある程度伐採され、国泰寺に向かう道路からも三重塔が見えるようになった。前は、相輪(そうりん:塔のてっぺんにある金属の飾りのようなもの)や三層目の屋根が見える程度だったのです。





階段付近にあるモミジは、まだまだ樹齢が若い木ですが見事に赤く染まり、一気に心を奪われてしまいました。三重塔は、カメラを向けても全景近くまでその姿を捉える事が出来るようになり、美しさ倍増で、うれしさ倍増です!






静かな森に佇む優美な建築物と、自然の美しさがマッチした秋の国泰寺。ちょっと足を延ばすだけで、ここは富山なの? と思うような景色に出会えますよ!






この日はしっとりと雨。紅葉は雨が降った方が綺麗です。



安心して下さい、富山ですよ!
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11286721c.html
古刹巡り 富山 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

古刹巡り*瑞泉寺*

まだ梅雨明け前の事ですが、井波を訪れ、当然のように瑞泉寺を参拝してきました。


三門は1809年当時の姿を残しています。


三門の瓦には瑞泉寺の文字が書かれているんですね。加賀前田の家紋とかならよく見ますけどね。


三門の左側にある式台門も立派ですよ。



本堂は1885年に再建。


威風堂々としています。太子堂も再建されていますが、1390年に創建された当初のものもすごかったでしょうね。




それにしても、三門の瓦は赤っぽいのですが、歴史200年以上の歴史が物語るのか、良い感じの色になっていますね。




P.S. 今なら、片岡鶴太郎さんが来ているかもしれませんよ。




古刹巡り
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11232913c.html
古刹巡り 富山 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雲龍山 勝興寺

県東部にある大きな寺と言われても、どうもピンとくる寺が少ない気がする。翻って県西部はと言うと、瑞龍寺をはじめ、今までにご紹介してきた井波別院瑞泉寺、城端別院善徳寺、国泰寺、そして今回ご紹介する伏木古国府の勝興寺と、大きな伽藍を有する寺がいくつか上げられる。やはり加賀百万石の前田家に近い高岡のほうが、東からの敵に対する防御する城としての役割が必要だったのか? なんて、さっぱりわかっていないのですが。


ここ高岡市伏木、越中国府には、万葉の面影が随所に見られる。大伴家持が国主として何年かこの地に赴いていたときに、たくさんの歌を詠み、詠まれた歌が石碑など様々な所に刻まれている。高岡は特に“万葉”という名前に魅力を感じているようで、路面電車の万葉線などは、その最たるものかもしれない。


さて勝興寺。2010年に訪れた時の唐門。



そして2011年にも訪れてみたが、左手の唐門に修復の手が伸びていた。この寺には大きな山門は無いようで(式台門というのがありますが、修復中で見た事がありません)、この立派な唐門が礼拝者を出迎えてくれる。結果的に、修復前の姿は見納めになった。


そして今年2015年の唐門。



修復が終わって往年の姿が蘇りました! と言っていいのかな。惚れ惚れするような立派な門ですね。5年前に訪れた時から書いていなくて、足掛け5年でのレポートになりました。


本堂



経堂



鼓堂


見方を変えると天守閣のようにも見えませんか? 用途は何かわからないけれど、一種の火の見櫓(ひのみやぐら)のような役割だったのでしょうか。




ただいま平成の大修復中
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11178286c.html
古刹巡り 富山 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富山市内の三重塔

富山市五番町。コンクリート製ではあるが三重塔がある。光厳寺といって、中央小学校(前の五番町小学校)の東隣だ。




五番町、梅沢町近辺は寺がたくさんある。路地毎に寺がある感じ。街中だけに、空襲で焼けたのかコンクリート製の寺も多い。この光厳寺の本堂もコンクリート製。前田家、富山初代藩主前田利次の菩提寺ということです。




光厳寺


富山の城下町が作られた時に、大手門を出て左に折れた所から、一番町、二番町・・・と光厳寺のある五番町までの道筋に順番に町名をつけたとも言われているそうです。




富山市には二番町はないけれど(なくなったのかな?)、一番町に二番町教会があります。三番町はあるけれど四番町はないみたい。四番町はあまり聞きませんが東京にはあるようですね。





P.S. 写真は全て去年のものです。写真は撮ったけれど、文章をまとめるのが億劫になっていつの間にか一年が・・・。




光厳寺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11169579c.html
古刹巡り 富山 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
Azumiイメージ
Azumi
プロフィール公開中 プロフィール

Azumi とやまんだら
SINCE 2014,06,02〜

もっと富山に根差した
富山の“だら“として
富山の良い所を少しでも
伝えられたらと思います

***************

Azumiプライムらいむ
Since 2010,09,20〜

富山のprimeな情報をお届けします!
Azumi Prime LIME

***************

Azumi日記
SINCE 2009,05,31〜

安住橋を中心に、ひらけ!

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 55 1493462
コメント 0 18272
お気に入り 0 89

お気に入りリスト