サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/azumi

胸躍るバラたち

五月晴れの下、高岡おとぎの森公園ではバラが咲いています。まだまだつぼみも多いのですが、咲き始めのバラが初々しくて、それはそれで見頃と言ってもいいかもしれません。今週末にはバラ展も催され、多くの人で賑わうことでしょう。




待ちきれずに一足お先に見てきたわけですが、やっぱりバラの花には胸躍るような美しさと豪華さがあって、一味違う観賞が出来ると思います。咲き始めの渦巻きが開くような状態も綺麗だし、満開も綺麗だし、大輪一輪や群生も綺麗です。

楽園という薔薇です。



中央植物園ほか、まだまだ見所はあるはずなので、ちょっと調べて見に行けたらいいな。




P.S. この前の土曜日に行ってきたのに、夜勤やらなにやらでアップするのが遅れてしまいました。いくつかおとぎの森の薔薇の事が書いてありましたが、注目度があって良い事です。



薔薇は君より美しい
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11403721c.html
富山んDARA | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

80年の歴史にピリオドが。

夏の終わりに仕入れた情報だったし、確かめてもいなかったのです。それについての動きもみられなかったので、どうなったのかな? と思っていました。が、先日、橋の周りの草が刈り取られ、スッキリしていました。これはもしかして・・・と思いましたが、橋の周辺にそのような看板も見当たらず、今年はこのままなのだろうか? と思い始めていた。


そんな矢先、もう取り壊しに向けて動き出していたようです。重機が橋の近くに下りられるように仮設の道路が取り付けられ、橋詰にも工事の看板が取り付けられていました。そうです、いよいよ十三石橋の取り壊しが始まるようです。


昭和初期(昭和10年2月竣工です)から、八尾の旧町と福島、その先の保内、婦中へと繋がる重要な位置に架かる橋として重要な地位を占めてきました。今では近くに新しい橋も架かりましたが、八尾駅へと通じる最短コースのため、観光客など多くの人が橋を渡ります。


9/23

調べてみると10/5からこの橋を渡るコミュニティバスは十三石橋を渡らないコースに変更されており、約5年間の工事期間を予定しているようで、準備は着々と進んでいたんですね。八尾の景色がまた大きく変わります。

80年の歴史に幕を閉じる。昭和の建造物がまたひとつ消えてゆく。寂しい事ですが、苦渋の決断である事は容易に想像できます。物を作る技術者が物を壊す事に対して、気分が良いわけがないのだから。もう明日からでも取り壊しが始まるような気がします。渡り収めは急いで下さい。


11/14


十三石由来

まだ八尾がさびしい村のころ、今の東町あたりにお玉という美しい娘がいた。
お玉には心に決めた若者がいたが、その若者は実は仁歩谷に住む大蛇であった。お玉は、たとえ相手が大蛇であっても妻となる約束を破る事はできないと十三石橋あたりにあった池に身を投げ小蛇となった。
それ以来人々は、この池をお玉の池と呼び、小蛇を玉蛇といった。大蛇はお玉が池へ喜んで通ったが、そのたびに大洪水を起こし村人を苦しめたので、平沢の小七郎が大蛇を平沢の池にふうじこめた。
それとは知らない玉蛇は大蛇の無情に怒り、嵐を起こしたりしたので、大長谷の島地八幡は哀れに思い、玉蛇を佛弟子とし浄円寺に仕えさせた。
お玉が池はやがて開拓され 十三石の米がとれたことから、このあたりを十三石と呼ぶようになった。

(八尾町史より)



新しい大蛇に期待しましょう!




井田川に架かる十三石橋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11290181c.html
富山んDARA | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

紅葉真っ盛りの称名滝

紅葉真っ盛りの称名滝周辺は、まばゆいばかりでした。


初夏に訪れる事の多い称名滝に、今年は秋、紅葉の時期に行ってみました。でも土日は駐車場へ入りきれない車で数珠つなぎが目に見えています。月曜の今日の午前中は、好天にまぐまれつつ、駐車場は8割程度の入りで待ちは無しでした。




初夏には気が付きませんでしたが、午前中は滝の右側に日が当たらないので、左側しか綺麗に紅葉が楽しめませんでした。悪城の壁(あくしろのかべ)も同様に日が当たっていなくて紅葉が楽しめませんでした。




といっても、圧倒的な美しさ。そして素晴らしい滝。




来年もまた、秋にも訪れたくなりました。




称名滝
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11275273c.html
富山んDARA | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

環水公園アマノガワ


いのり星が流れる、環水公園アマノガワ




来年もまた、晴れるよね


来年も、また会えるよね




いのり星
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11266479c.html
富山んDARA | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

坂の町の情緒

坂の町に、二百十日の風が吹く





受け継がれた伝統が、幾千もの雪洞に照らされる





日々精進を積み重ね、指の先まで研ぎ澄まされる





まるで八尾の一年は、この三日三晩のためのよう



おわら風の盆、いよいよ本祭へ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007928/p11250002c.html
富山んDARA | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
Azumiイメージ
Azumi
プロフィール公開中 プロフィール

Azumi とやまんだら
SINCE 2014,06,02〜

もっと富山に根差した
富山の“だら“として
富山の良い所を少しでも
伝えられたらと思います

***************

Azumiプライムらいむ
Since 2010,09,20〜

富山のprimeな情報をお届けします!
Azumi Prime LIME

***************

Azumi日記
SINCE 2009,05,31〜

安住橋を中心に、ひらけ!

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 71 1490404
コメント 0 18272
お気に入り 0 89

お気に入りリスト