富山から情報発信

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/2525797

逆上の代償・・・・・

私も経験があるが、腹を立てて追いかけて来る短気な奴がいる。
それがエスカレートしたら、こうなるという事例。

高速道路で進路を妨害し停車させたらしい。
それで停車した車に後続の大型トラックに追突され死亡事故となった。
通常、直接事故と関係が無い車は無関係だが、停車させたという行為を裏付ける為、警察は容疑者の車に同乗していた女性の聴取に加え、現場付近を当時走行していた車を洗い出して260台以上の運転者らから聞き取りを重ねて逮捕に至った。

はのみrio



神奈川県大井町の東名高速下り線で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故。ワゴン車の進路を塞いで停止させ、追突事故を引き起こしたなどとして、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)が10日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕された。車が高速度で行き交う高速道路上で、しかも、視界が悪い夜間に停車させれば、事故につながることは容易に予見できた――。神奈川県警はそう判断した。

事故では萩山嘉久さん(当時45)、友香さん(当時39)が亡くなった。県警は事故後、けがをした2人の娘や、石橋容疑者の車に同乗していた女性の聴取に加え、現場付近を当時走行していた車を洗い出して260台以上の運転者らから聞き取りを重ねた。

その結果、「前照灯が左右に何度も動くのをミラー越しに見た」などの証言を得た。ワゴン車が進路を妨害され、車線変更を繰り返していた様子を補強すると判断した。

当時走行していた車の一部からは、ドライブレコーダーの映像も回収。裏付けを進めたところ、石橋容疑者が停車前、極端に接近して走行したり、進路を塞いだりする妨害行為を繰り返した末に、ワゴン車を無理やり停止させていたことがわかったという。


容疑者の年齢は25歳、いくつであっても許されない行為。


この件に限らず
若気の至りでは済まない事ってある。


短期は損気・・・・・で済む事ではないことを、この事故は教えてくれる。
逆上して人生を終わらせる行為。

後悔先に立たず。
覆水、盆に帰らず。

やってしまった行為は取り返しがつかない。


☆☆事故の生き残りが居たから事件になった。全員死亡していたら事件にならなかっただろう。
続報はコチラ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11669526c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
アイドル犬、俊介亡くなる・・・・
アイドル犬、俊介亡くなる・・・・
自民党か、共産党か、希望の党か・・・・・・・
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉田 吉男イメージ
吉田 吉男
プロフィール
経済、芸能、ニュース、地元のグルメ情報など自分の気になった情報をUPしていきます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 212 1428184
コメント 0 2694
お気に入り 0 62

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク