富山から情報発信

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/2525797

嵐の前のフェーン現象・・・・・

今日は朝から天気は良かった。

はこなfndo




fddししみ




昼からは妙な天気。

雨が降りそうな雲行きだったが・・・・


葉ましdfoldl


夜まで天気は持ったが、明日は雨らしい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11780117c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

コンビニからイートインコーナーが消える・・・・

来年10月から消費税が10%になる。同時に「軽減税率制度」が実施される。

「“酒類”“外食”“ケータリング・出張料理等”を除く飲料食品」と「定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞」は、対象品目として軽減税率(8%)が適用される。

飲食料品の中でも「酒類」「外食」「ケータリング等」は軽減税率の対象外とされており、10%の通常税率となる。 コンビニで持ち帰り用として販売される「弁当」などは、単に飲食料品を販売するものなので「外食」には当たらず、軽減税率が適用される。

一方で、事業者が顧客に店内に設置した「イートインスペース」で飲食させるサービスを提供する場合は「外食」にあたり、標準税率(10%)の適用対象に。

例えば、トレイや返却が必要な容器に飲食料品を入れて提供する場合などは、店内のイートインスペースで飲食させる「食事の提供」にあたるので、軽減税率の適用対象外になるという。

飲食できる場所がある店では、顧客に対して店内飲食か持ち返りかの意思確認を行うなどの方法で、軽減税率の適用対象となるかならないかを判定してもらうことになるという。

なお、その際に大半の商品(飲食料品)を持ち帰り前提で営業している店舗の場合は、すべての顧客に店内飲食か持ち返りかを質問する必要はないそう。


今後、イートインスペースではなく休憩所という位置づけになる。


車の中で食べれば8%、店内で食べれば10%

イートインスペースが消えるのは当然だろう。


更なるサービス向上の為、コンビニに作られたイートインスペースだが、法律の影響で消える可能性がある。

馬鹿な話だ。


hnblみくここ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11779967c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
吉田 吉男イメージ
吉田 吉男
プロフィール
経済、芸能、ニュース、地元のグルメ情報など自分の気になった情報をUPしていきます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 304 1535591
コメント 0 2747
お気に入り 0 61

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク