富山から情報発信

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/2525797

平昌オリンピックの主役は北朝鮮・・・・・

平昌オリンピック開会式では南北合同で入場。
聖火も南北選手で入場。

そして将軍様の妹、金与正が韓国大統領と会談し兄からの親書を携えていた。
文大統領に訪朝を要請しニュース速報になった。

きのきtfmof



文大統領の祖父母がいると言われている北朝鮮に祖父母が生きているなら生きている間に会いに行く絶好のチャンスだ。
これを逃す訳はなく、文大統領が訪朝するのは確実だ。


このオリンピックは北朝鮮にとっては絶好のタイミングで行われた。
一言で言えば「時間稼ぎ」が出来た。
オリンピック前日に軍事パレードを敢行したのが良い証拠。

オリンピックを機に南北が統一旗で入場したオリンピックは今回が初めてではない。
その時も南北統一が進むのでは??と期待されたが現在を見れば明らか。
統一されることはなかった。
今回も統一が進むことはないだろう。

つまり、北朝鮮の絶好の時間稼ぎに利用されいる今回のオリンピック。
経済制裁で困窮する北朝鮮は、文大統領との南北会談で韓国から経済援助を引き出すのが最大の目的だ。

北の将軍様は頭が良い。韓国の大統領よりも・・・・・
北朝鮮の手の中で転がされる韓国。
南北統一を期待させ、引き出せるものは引き出させる。
韓国を北朝鮮寄りにしてアメリカとの関係を弱める。
これが最大の目的であって南北統一に近づくことなどあり得ない。
自分の地位を危うくする男兄弟は暗殺し、女兄妹は腹心として側に置き使う。

北朝鮮の最高指導者は家督で相続され、死ぬまで君臨することができる。
そんな既得権を誰が手放す!!


選挙で選ばれ任期がある韓国大統領とは訳が違うのだ。



東京の公立小学校の制服を8万円のアルマーニにしたということで物議を醸している。
既に生徒たちの親には承諾を得ているという。

私立小学校なら、こんなにニュースにならないと思うが、公立小学校での事なので物議を醸したと思う。
小学校の制服をアルマーニにする必要があるのか?という事と8万円というのが突っ込み所だろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11709111c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ストレス源は仕事、働く最大の理由は・・・・・

昨夜のジャンプノーマルヒル、日本勢は善戦するも結果が伴わなかったね。
でも見応えはあった。
安定しない風が勝敗を分けたと思う。
飛ぶ瞬間の風に飛距離が影響されたと思う。
日本勢に運が無かった。

i4iはみきらら


金メダルのドイツの選手は風に乗っていた感じ、フワッと浮いて着地した感じがした。

葛西とは親子ほど歳が違うと思われる若い選手だった。





宝くじが当たったら辞める。誰でも思うこと。

だが、宝くじが当たらなかったら一生の仕事になる。
変なもんだ。

60歳の定年を過ぎて継続雇用で契約社員なって働いていた先輩。
退職になっていた。
継続雇用は65歳まで。
たしか、まだ65歳にはなっていないと思うが??

たまたま会ったから聞いてみた。
私「65歳になってませんよね?幾つですか?」
先輩「62歳」
継続雇用は1年更新の契約社員なので65歳まで居られる保証は無いという訳。

「明日はわが身ですわ。」、そう返すしかなかった。
実際、明日はわが身だ。


そんな折、こんな記事を見つけた。
☆2016年12月、2年勤めたサイバーエージェントを辞めた。
生まれた場所も、育った場所も、そして働いてきた場所も渋谷。

2008年、新卒で食品会社に就職し、希望して大阪に異動してみたのも、外の世界を見たかったから。けど、仕事そのものが退屈で2年で辞めた。

2010年秋、再び渋谷の実家に舞い戻り、ライブドアでアルバイトを始めた。

自由のない正社員に懲りてアルバイトを選んだのに入社後間もなくライブドアがNHN Japanと経営統合したことで目算が狂った。

ウェブライターをしていた久野は、オンラインゲームの部署に配置転換され、スマホゲームの事業戦略を担当することになった。

アルバイトから契約社員に昇格した。実家を出て一人暮らしをする余裕ができた。


2013年、NHN Japanの新規事業「LINE」が成長し、LINE株式会社として分社化したときに、久野はLINEのゲーム事業部に異動した。

担当していたゲームも軌道に乗り、2014年9月、久野はLINEの正社員に登用された。


大きな目標もなく、ライブドアにバイトで入ってから4年。

改めて回りを見渡すと、組織は当初とは全く違った姿になっていた。

規模が大きくなっただけではない。優秀で専門性を持った人材が次々に入って来る。

正社員というポジションを手に入れたことで逆に、「自分は昔からいるだけの特段のスキルのない人間」と思われているのではないかと萎縮した。


会社のブランド力が上がるにつれ、自分が活躍する場はなくなるかもしれない。

それなら正社員の職歴を生かして転職した方が、給料も上がるのではないか。

「新規事業」「スマホ」をキーワードにIT企業数社にエントリーし、サイバーエージェントから内定を得た。

正社員化から2カ月。2014年11月に久野はLINEを退職した。


2015年1月に入社したサイバーエージェントでの勤務は2年。自分が飽きっぽいという自覚はあったが、思った以上に続かなかった。


「AIが人間を超えるなら、ほとんど人間は働く必要がなくなる。そう考えたら、今会社で働く意味が、一気に分からなくなった」


社内で知り合った彼女(25)は、会社に適応できずに体調を崩し退職した。久野は転職しても、給料は変わらなかった。そして同僚たちとの埋めようのない差。

「優秀なだけならともかく、承認欲求とか、熱量とか、自分はついていけなかった」

担当しているプロジェクトが一段落するのを待って、サイバーエージェントを辞めた。


仕事を辞めるにあたって考えた。

ストレスの原因のほとんどは仕事だ。

自分が仕事をする最大の理由は生活のため。

それなら、生活コストの低いところに引っ越し、できるだけ仕事をせずに、働かなくてもいい社会が来るのを待とう。


2016年12月から始まった「移住先を探す旅」は4カ月続いた。彼女も一緒だった。


ストレス源の仕事から解放され、全ての問題が解決した後に残ったもの。

それは満足ではなく「退屈」だった。

あり余る時間で好きなゲームをしたくても、プレイステーション4やゲーミングPCを買う金がない。

近くに海はあるけど、サーフィンの道具もクルマも買えない。

月5万円まで生活コストを落として初めて、自分が「5万円の生活」では満足できない人間だと分かった。


「お金がかからないコミュニティーって結局仕事なんですよね」

中途半端な自分には、中途半端な田舎が救いとなった。

スタートアップ都市として売り出し中の福岡市では、LINEやサイバーエージェントでスマホ関連の新規事業に関わってきた経験が、久野の思っていた以上に評価された。


家賃4万円の部屋で彼女に食事を作り、「おいしい」と言ってもらえるときの方が、仕事で認められたときより幸せを感じる。


最低限の生活で満足できるほど無欲でもない自分にとって、「働かなくても楽しく暮らせる」社会が来るまでは、粛々と漂流しながら働くしかない。「この人のようになりたい」という先輩や上司にも出会ったことがない。

2017年半ばに失業手当の一部で買った仮想通貨の価値は、100万円前後まで上昇した。

「価値が10倍になったら会社は辞める。それまでは、できるだけ健康に生きたい」

久野が会社で働いている間も、家ではPCが仮想通貨をマイニングしている。1日に手に入るのは100円程度。けれど、価値が10倍になる日は遠くないと信じている。


出展元:https://www.businessinsider.jp/post-161544


年金が支給される65歳まで必死に仕事にしがみ付こうとする人たちが居る中、そんな人たちにとっては大した理由でも無さそうな理由で職を転々とする人も居る。

確かにストレス源は仕事だと思う。
そして仕事をする最大の理由は生活する為だ。
その仕事から距離を置こうとして結局、気付くのは
お金がかからないコミュニティーって結局仕事だということ。

それは昨日の記事でも分かる。
http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11708645c.html


冒頭で書いたように、宝くじが当たれば仕事は辞める。
だが、当たらないから仕事をやり続ける。一生・・・・・・
それが人生だ。


はみしfkfol


このアンケート結果って・・・・・



山本ちろさんの記事によると、富山の駅北にあったピクニック、食パン専門店になったらしい。

洋食屋の時に一度は行きたいと思っていた店だったが・・・・・

http://toyama.areablog.jp/blog/1000003025/p11708967c.html


店の構えから長く続いた店だったのだと思うが
ファミレスの台頭→店に客が入らない→経営悪化→赤字→廃業
これも
仕事はストレス源、そして仕事は生活のための部類に入るだろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11709097c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
吉田 吉男イメージ
吉田 吉男
プロフィール
経済、芸能、ニュース、地元のグルメ情報など自分の気になった情報をUPしていきます。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 117 1464189
コメント 0 2710
お気に入り 0 62

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク