富山から情報発信

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/2525797

痛いニュース・・・・・

89歳の祖父を殺害し、現金を奪った疑いで27日に逮捕された孫の男は、年金の支給日が来るたびに、祖父に金の無心をしていたことが、新たにわかった。

28日に送検された山本裕也容疑者(23)は2月15日、東京・調布市の都営団地で、祖父の山本一夫さん(89)をはさみで突き刺すなどして殺害し現金2万3,000円を奪った疑いが持たれていて容疑を否認している。

警視庁のその後の調べで、犯行当日は、一夫さんの年金支給日で、山本容疑者は支給日のたびに一夫さんのもとを訪れ、金の無心をしていたことが新たにわかった。

一夫さんの知人は、「お金が足りなくなると、山本さんに頼りに来たり、せびりに来て大変だって言ってて」と語った。


小さい時は可愛がっていた孫に殺されるとは・・・・・・
20年後、自分がこうならないとは限らない。

身につまされる、痛いニュースだ!!


ああmtlrひもせ





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11563206c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

刺傷事件の判決・・・・・

岩崎友宏被告(28)に刺され重傷を負った女子大学生冨田真由さん(21)が28日、同被告への懲役14年6月の判決言い渡しを受け、代理人弁護士を通じ文書でコメントを発表した。

「たった14年。今から不安と恐怖しかない」などと心情をつづった。

 冨田さんは「何の反省もしていない」と岩崎被告を批判。
「私や家族の苦しみが伝わらなかったと思うと、やりきれない」「たった約14年後には、犯人が塀の外を歩いている」などとし、判決への不満をあらわにした。

弁護士によると、裁判所内の控室で待機していた冨田さんは、判決内容が伝えられると大きなショックを受け、しばらく絶句した。
その後「(求刑の)17年でも短いと思っていたのに」と話したという。


被害者には気の毒だが、刺傷事件で終身刑にはならない。
殺人事件でも終身刑にならない位だ。
殺人で死刑になるのは複数の人を殺した場合。

被害者、被害者の家族にしてみれば、死刑は無理としても終身刑にして世の中に出て来ないようにして欲しいだろう。
また、現れるかも知れないから。
だが、それは叶わない。

求刑17年に対して14年余りの判決。
もっと早く出てくる可能性もある。

被害者側は上告するのだろうか??
裁判が長くなれば、それだけ長く刑務所にいることになるが、ずっと裁判に出廷することになる。

執念深い奴に見込まれたのが運の尽きというしかない・・・・・

ojmfひらひ1rpon



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000007570/p11562877c.html
ニュース | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
吉田 吉男イメージ
吉田 吉男
プロフィール
経済、芸能、ニュース、地元のグルメ情報など自分の気になった情報をUPしていきます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 128 1420529
コメント 0 2690
お気に入り 0 62

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク