サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/yatsuo

アズミのアケビ

平成22年10月16日(土) 午後8時54分 

 

 昨夜、アズミさんが届けてくださいました。立派なアケビ、綺麗なアケビです。お袋喜んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京にいるはずのアズミ君のアケビ



味覚の秋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p10306809c.html
 ・仁 歩地区 | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

子供のころ、まだ「はごわれ」していないあけびは米びつの中に入れておいて食べてました!懐かしいです!!

原人さんはアズミ君とは同級生だそうですね〜若いですね〜!

[ いおり ] 2010/10/16 21:10:59 [ 削除 ] [ 通報 ]


ф いおりさん ф

米びつに入れるなんて、初めて聞きました

どうしてたんだろう、アケビは開くまで、待っていたような・・・、開いたやつだけを取っていたような!

[ 八尾原人 ] 2010/10/16 22:12:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

やっぱり開いてからがいいよ。
開く前は白くて硬い。
開くと透明になってきて、甘〜くなりますね。

ざるに入れると、なんか格が上がって見えるね!

[ Azumi ] 2010/10/20 23:02:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

仁歩の神社

仁歩の神社 2/13社

2009年03月11日 13時11分02秒 |   ●神社
<!-- /entry-top --><!-- entry-body -->
「三ッ松八幡社」09、3.2撮影


1、鎮座地   三ッ松522番地

2、祭 神   誉田別命

3、例 祭   4月9日

4、当地は藩政時代は、山村の一宿場であって、飛騨との交易路の中心をなして栄えていた。神社は、文久3年(1863)『社寺書上帳』に牛嶽神社と記載されている。八幡社と奉称されたのはいつ頃か明らかでない。




「中仁歩八幡社」09、3.2撮影


1、鎮座地   中仁歩299番地

2、祭 神   誉田別命・神功皇后

3、例 祭   4月2日








引っ越してきました
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p10259470c.html
 ・仁 歩地区 トラックバック( 0)

ほたるの里

ほたるの里

2009年03月04日 16時14分18秒 |   ・仁歩地区
<!-- /entry-top --><!-- entry-body -->
平成21年3月4日(水)(撮影21,3.4-)

 トンネルを抜けると、そこはダムだった。
 
 正式には、室牧ダムでいいんだよね。ずっと、正間ダムだと思ってました。ここの水の色は、何時来ても「グリーンだよ」。

 トンネルで行ったから、最初LIME君のところが分からなかったけど、山越えで小学校跡へ戻る時に、記憶がよみがえりました。山越えの道は、少し雪がありましたね。さすがです。


 何か、今日、仁歩小学校跡で3校目ですが、石になってしまっていると、少し寂しいものを感じます。巡礼?

 この木はもしかして、同窓生にとっては思い出の多い木ではありませんか。存在感ありましたよ。澄み切った日には、校舎から立山連峰が望めそうでしたけど?


 そして「ほたるの里」、季節柄休業中です。初めて行ってみましたが、地域の拠点になればいいですね。年間、どれぐらいの人がお越しなのかな? もう一工夫かもね、頑張ってください。





「三ッ松の八幡社」
 
(町史から) 当地は、藩政時代は山村の一宿場であって、飛騨との交易路の中心をなして栄えていた。神社は文久三年(1863)『社寺書上帳』に、牛嶽社と記載されている。八幡社と奉称されたのはいつごろか明らかでない。



「中仁歩八幡宮」

 八尾の神社へは、最近よく行っています。そのうちに、まとめたカテゴリーを作り紹介します。狛犬等も合わせてやります。山間地の神社さんって、結構怖い部分がありまして、妖気を感じています。現在10社ぐらいだから、半妖ぐらいにはなっているかも。金田一の世界に近づいています。


 室牧へ抜ける道が、冬季間通行止めでした。4月29日までだそうです。高熊まで引き返す途中、地すべり見つけましたよ!


 実をいいますと、117君の付近へは高校を卒業してから、三ッ松の人に連れられ「タラの芽」を採りにいっていました。5年ほどかな、今はどの辺だったのかも分かりませんが、美味しかったことだけは覚えています。「タラの芽」待ってます。

                             

 町史によると、野積の9つの集落に飛地を持っていたと書いてあります。どういうことなんだろう。





引っ越してきました
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p10259445c.html
 ・仁 歩地区 トラックバック( 0)

このブログトップページへ
八尾原人イメージ
八尾原人
プロフィール公開中 プロフィール
 おわら風の盆で、少しは名の知れている八尾で生まれ育ち、死んでいきます。そんな私が感じる八尾の生活、歴史、風習、民俗、自然、行事、観光などなどを、自分史、八尾の記録として書き留めていきます。
 このブログは、八尾の先達から引き継いだものを私なりに記録し、後輩たちへの引継簿になれば幸いです。そんな思いのブログですが、日々のいろいろを八尾に拘らず書いていくカテゴリーもあります。一緒に、富山ブログを盛り上げていきましょう。
               八尾原人  
◆八尾新聞◆◆◆◆
おわら風の盆、曳山祭りといった、八尾旧町部の文化、風習などを中心に発信します。

◆八尾日記◆◆◆◆
八尾新聞同様に旧町部のことを、十の町のピーポイント過ぎる記事を伝えます。

◆八尾百景◆◆◆◆
八尾町の九つの地区の、自然と文化を中心に写真と共にお知らせします。

◆八尾一景◆◆◆◆
八尾百景とは正反対に、気になる一点を追跡型で報告します。

◆八尾塾◆◆◆◆◆
八尾に生まれ、八尾で育ち、八尾にこだわり過ぎる原人が、八尾全てを人生の教科書として、日々感じたこと、日々行動したこと、勉強したことなどを、日記で報告します。

◆ブログ記録◆◆◆◆
素晴らしき富山ブログに出会い、素晴らしきブログ人に出会い、その中で行く人来る人、全て記録しておきたいです。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<