サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/yatsuo

月見のおわら 第19回

平成28年9月28日(水) 午前10時04分 

 

 

 先週末、24、25の土日で、八尾では月見のおわらがありました。もう19回目なんですね。第1回目の会合に総代で出席し、「無理やり」「こじ付け」・・・な理由を聞かされ、賛否の確認もなく始まった行事ですが、定着して、楽しみにされている人もいるなら、○ですね。ただ、今年はツアーのお客さんよりも、一般のお客さんの方が多いくらいでした。これも、○ですね!

 

 

 

 

 

 

 来年の第20回目は、提灯山でも出そうかな?



月見のおわら 風の盆 越中八尾
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p11480028c.html
 ・東新町 トラックバック( 0)

若宮八幡宮

 城ヶ山の南側登り口に、若宮八幡宮が鎮座しています。東新町、西新町が曳山の代わりに造って、護ってきたと言われています。宮大工、彫刻は、今町曳山の大彫りを彫り上げた、井波金剛寺屋岩倉理八とされています。

 

 

 屋根といい、雲板、ゲギョウ、持送り、木鼻、唐狭間、全て素晴らしい彫刻です。

 

 

 

 

 

 一度見にいて下さい。山深い宮のように見えますが、簡単に行けますから、一度行ってみてください。

 

 5月3日の曳山祭りの、メイン的な角の近くでしネ!



蚕宮
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p10858063c.html
 ・東新町 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

若宮八幡宮

 いつもの散歩道、東新町「若宮」まで足を伸ばしました。若宮八幡宮、杜の宮、井波彫刻の神髄が凝縮されています。

 

 

 八尾曳山彫刻のすべてが、井波彫刻です、曳山創建がなされなかった、東新町、西新町は、曳山創建を辞め、りっぱなお宮をつくり守っています。

 

 蟇股彫「梅に虎」

 唐狭間彫「雲龍」

 

 懸魚彫「「鶴(?)」

 

 唐破風下懸魚(卯毛彫)「鳳凰」

 

 木鼻(角獅子)「獅子」

 

 

 井波彫刻宗家、番匠屋田村与八郎家と二枚看板、金剛寺屋岩倉理八家の作です。一度見においでください、八尾のずーっと上の方の東新町で御守りしています「小さな杜の宮」です。

 



東新町
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000006698/p10544403c.html
 ・東新町 | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

一級パワースポットです。

[ 八尾原人 ] 2011/12/06 20:55:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

立派な彫刻ですね!!
石倉町延命地蔵尊さんと神輿も井波彫刻の
「南部白雲作」の彫刻だったと思います。
後世まで残したいですね。

[ 親爺 ] 2011/12/06 23:54:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

すばらしい彫刻ですね。
今度行って見てみたいです〜!

[ みやっち ] 2011/12/07 10:49:16 [ 削除 ] [ 通報 ]


ф 親爺さん ф

南部白雲さん
現在、3代目です
彫刻は、他の彫師さより、一歩抜きんでてます
石倉町のは見たことがありませんが
2代目作? 二代目さんも凄い人でした!
12代目番匠屋に師事し、井波彫刻の中心的彫師さんです。

[ 八尾原人 ] 2011/12/07 22:31:32 [ 削除 ] [ 通報 ]


ф みやっちさん ф

お出でください!

そしてこの神社、日本で珍しい(もしかして ここだけ?)
蚕宮です。養蚕で栄えた八尾の、蚕の供養宮です。

[ 八尾原人 ] 2011/12/07 22:35:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
八尾原人イメージ
八尾原人
プロフィール公開中 プロフィール
 おわら風の盆で、少しは名の知れている八尾で生まれ育ち、死んでいきます。そんな私が感じる八尾の生活、歴史、風習、民俗、自然、行事、観光などなどを、自分史、八尾の記録として書き留めていきます。
 このブログは、八尾の先達から引き継いだものを私なりに記録し、後輩たちへの引継簿になれば幸いです。そんな思いのブログですが、日々のいろいろを八尾に拘らず書いていくカテゴリーもあります。一緒に、富山ブログを盛り上げていきましょう。
               八尾原人  
◆八尾新聞◆◆◆◆
おわら風の盆、曳山祭りといった、八尾旧町部の文化、風習などを中心に発信します。

◆八尾日記◆◆◆◆
八尾新聞同様に旧町部のことを、十の町のピーポイント過ぎる記事を伝えます。

◆八尾百景◆◆◆◆
八尾町の九つの地区の、自然と文化を中心に写真と共にお知らせします。

◆八尾一景◆◆◆◆
八尾百景とは正反対に、気になる一点を追跡型で報告します。

◆八尾塾◆◆◆◆◆
八尾に生まれ、八尾で育ち、八尾にこだわり過ぎる原人が、八尾全てを人生の教科書として、日々感じたこと、日々行動したこと、勉強したことなどを、日記で報告します。

◆ブログ記録◆◆◆◆
素晴らしき富山ブログに出会い、素晴らしきブログ人に出会い、その中で行く人来る人、全て記録しておきたいです。

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<