サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/genkiyanet

車の運転で骨盤の歪みが??

ズバリ本題から
車を運転するとき、左足はどうしていますか?
もしかして、手前に引いて、脱力したままになっていませんか?
私は何十年もそんな運転をしていたため、
骨盤が右下がりでさらに左にねじれ、上半身もずれてしまいました。
いまだに歪みは残っていて、日々調整しています。

一番の原因は、5人の子どもを左腰に乗っけて
抱っこしながらの右手での家事。
これ、12年くらいやっちゃったからねぇ(^▽^;)

もう一つの歪みの原因がこれ、運転中の左足でした。
左の膝を深く曲げて、足を手前に引いたままの運転。
これは良くない。
これだと、右脚でペダルを踏む時に、骨盤が右に傾いてしまうんです。
で、整体にいくと「左足が短い」と言われるのですが
本来足の骨の長さは同じはずで、
骨盤が右に傾向いているから左が短く見えているだけなんです。
私の場合はさらに左にねじれるという
最悪の状態になっておりました。

では、そんな状態にならないためにはどうするか という話ですが。
ブレーキもアクセルも右脚で踏みますが
それとバランスを取るためには
左足をきちんとフットレストに乗せていることが大事なんです。

これは意外とご存じない方が多いです。
そもそも、左足をのっける台に気がつかない方もいらっしゃる。

身体は3点で支えると安定するといわれます。
この3点の一つがこの左足。
残る2点はハンドルを握る左右の手になります。
両手で軽くハンドルを押さえ、左足でフットレストを軽く踏むと
腰が安定します。
急カーブもガンガン‥いや安全運転、あんぜんうんてん( ̄‥ ̄)

話をもとにもどします♪
で、運転が下手な方に限ってさっきのと反対の事をしているわけです。
椅子を前にだして、ハンドルを手前にひいて肘が曲がりすぎ
ついでに首も前に(^▽^;)
左足の存在は、忘れ去られている。

これは疲れるし、運転中の動作が上手く伝わらずロスも多いんです。
なにより、こんな小さなくり返しが 身体の歪みに繋がったりする。
生活の中のいろんな場面で身体の使い方が関係してくるんだよね。
生活密着型フィットネス、おもしろいよ〜♡

★まとめ
AT車を運転するときは左足も右と平行な位置におくべし!




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000005940/p11220755c.html
元気やネットの思い、願い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
南砺市子育て支援センターさんで親子ピラティス
HP用の写真を撮ってきました
子育てしながら好きな事を続けたい
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
元気やネットイメージ
元気やネット
プロフィール公開中 プロフィール
託児付きピラティス、ヨガ
姿勢と歩き方、簡単エアロ
マタニティピラティスなどの
手軽な運動で
富山の元気を応援中!

教室は富山市、射水市、砺波市
すべて託児付きです!

子育て中のママも、
また、40代〜60代のあなたも
まずは身体を動かして
仲間とおしゃべりしませんか?

女性の身体のためのエクササイズで
骨盤が締まった!
お腹やせできた!
小尻になった!
疲れなくなった!
尿漏れが治った!
肩こりが楽になった!
など嬉しい報告がいっぱい!

子連れのランチ会の様子もご紹介します♪

5人の子育てと仕事の両立のコツなどもお伝えできたらいいな!

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<