サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/genkiyanet

クリスマスの魔法

これは、私が昔、子どもたちのサンタクロースだったころのお話し‥
クリスマスになると、私はサンタの魔法にかかってしまうのでした。
 
**‥‥‥*‥‥・・‥*・・‥***‥‥*‥‥・・‥*‥・・‥**
                                      

2010年春、長女が結婚した。
お相手は会社の上司だった方だ。
お盆に長女が帰省した時のこと
家族で久しぶりに昔の話になり、彼女はこう言った
「お母さん、私も子供ができたらお母さんみたいにサンタさんするから。」

                                        
 そう、私は昔、子供たちのサンタクロースだった

                                                                               
今から20年前のこと、
当時、私は仕事を辞めて、子育てに専念していたので
生活はとても質素だった。
4人の子どもの髪は私がカットしていた。
家の中で、私はいつも主人が着古したジャージ姿だった。
自分の服を買う余裕なんてなかった。
子どもたちも、お古が多くて節約の日々だった。
                                      

でも、クリスマスだけは特別。子どもたちの喜ぶ顔がみたくて
私はウキウキとサンタになり、4人分のプレゼントを買いに街へ出かけた。
                                                   

そのころは、子どもたちをぞろぞろ連れて街中に出るなんて、ほぼ無理。
近所のスーパーへ行くのがやっとだった。
そんな時期に、子供たちを母にお願いして、
イルミネーションに彩られた街を歩くと 私の気分もキラキラしてくるのだった。
                                              
子供たちはみんな、サンタを信じていたので、
12月に入るとサンタに手紙を書いた。

その手紙の通りのプレゼントを探して街を歩く楽しさったらもう!
中には「リスが欲しい」というお願いもあって、母サンタは困ったっけ‥
一人一人の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶプレゼント。
なんて幸せで、贅沢な時間だったのだろう。     
                                                                  こんなこともあった。        
クリスマスが近づいたある日 三女がこう訊ねてきたのだ。

「お母さん、サンタさんって、ほんとはお母さんなが?○○君が言うとった。」
あ、きたか‥
いつかはこんな日が来ると思っていた。
純粋な三女は もっと後かと思っていたけど‥
                                      
絵本のように煙突から入ってくるサンタはいないかもしれない。
でも、この特別な気持ちには偽りはない。
だから私は、三女にこう答えた。
「サンタさんはね、信じる子のところにはちゃんと来るんだよ。
サンタを信じられなくなると、サンタさんはお母さんの心の中に入って、
代わりにプレゼントを買ってくれるんだよ。」

                                                      
そうなのだ、プレゼントを買いに街へ出るとき、
私の心には確かにサンタがしのびこんで
クリスマスの魔法にかけられていた。

その魔法とは大切な人のために何かをしてあげて、
それを喜んでもらえるという、最高に幸せな魔法。

子育ての疲れなんか吹き飛ぶ、ほんとに幸せな魔法。
その時は気がつかなかった、ほんものの幸せ。
                                                                                                                             
その年もクリスマスがやってきた。長女は4年生になっていた。
そして、私のお腹には5人目の赤ちゃんがいた。
男の子だとわかっていた。末っ子の長男にも 弟ができるわけだ。
家族みんなが次男の誕生を楽しみにしていた。

予定日を2週間後に控えたイブの夜、
いつものように子どもたちの枕元に4人分のプレゼントを置いて
私は布団にもぐりこんだ。
彼らがなかなか眠らなかったため それはすでに夜中の2時を回っていたが
天使のような寝顔は子育ての疲れを忘れさせてくれた。
私は体中が愛でいっぱいだった。

そして翌朝…

目覚めた私の枕元にはなんと 絵本のプレゼントと手紙が置かれてあった
「お母さんと これから生まれてくる赤ちゃんへ」
手紙には そう書いてあった。
長女からだった。
                                            
私は泣いた。
                                      
サンタは長女にまで クリスマスの魔法をかけてしまったらしい。
忘れられない朝となった。


                                                                                        
やがて、月日は経ち‥

子どもたちは成長して、母サンタの仕事はなくなってしまった。
子供たちはみな、夢に向かってまっしぐらに羽ばたいていった。

そうだ‥
信じていれば夢は叶うと教えたのは私だ。

ところが、当時の私自身ときたら、インストラクターとしては中途半端で、
焦りのスパイラルの中にいた。
「子育ても 一段落ついたし、自分も輝きたい!」
‥と、資格に挑戦して仕事を増やしたものの、
エゴからのがんばりがうまくいくはずもなく‥

お金と時間をかけたのに、結果がでず
逆に家族との繋がりとか 大事な物が ポロポロこぼれていった。

空回りの繰り返し、自信喪失、枯渇感‥
私の心の中のサンタはどこかへ行ってしまった。
                                                                                                                           
あの頃からもう、6年経ったのかな

今は、私の心に またクリスマスの魔法が戻ってきている。
子育てと自己実現の狭間を迷い続けて ずいぶん回り道をしたけど
ふたたび、ほっこりした暖かさが戻っている。

人に喜こんでもらう仕事が幸せへの道
大切な誰かのために働いて、それを喜んでもらえるのが最高の幸せ

それは昔、子どもたちが教えてくれたこと。
今は、仕事でお会いするたくさんの方から同じ喜びを頂いている。      

                                      
2歳児を持つ母となった長女も きっと最高の幸せを手にしてくれるだろう。
なぜなら彼女は すでにクリスマスの魔法を知っているから。

クリスマスの朝、孫は今年どんなプレゼントをもらったのかしら
東京で会社勤めをしながらの子育ては大変だろうけど
大切な人に喜んでもらう幸せは 忘れないでほしい。

遠くからだけど、いつも私はあなたたちのことを応援している
そして、私自身も周りの人がもっと元気になるよう
喜んでもらえるよう、これからも一歩一歩、歩いてゆく。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000005940/p11148243c.html
エッセイ「クリスマスの魔法」 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
元気やネットイメージ
元気やネット
プロフィール公開中 プロフィール
託児付きピラティス、ヨガ
姿勢と歩き方、簡単エアロ
マタニティピラティスなどの
手軽な運動で
富山の元気を応援中!

教室は富山市、射水市、砺波市
すべて託児付きです!

子育て中のママも、
また、40代〜60代のあなたも
まずは身体を動かして
仲間とおしゃべりしませんか?

女性の身体のためのエクササイズで
骨盤が締まった!
お腹やせできた!
小尻になった!
疲れなくなった!
尿漏れが治った!
肩こりが楽になった!
など嬉しい報告がいっぱい!

子連れのランチ会の様子もご紹介します♪

5人の子育てと仕事の両立のコツなどもお伝えできたらいいな!

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<