植彩セラピストうえるの植物が教えてくれる事^^

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/uerukun

楽しさよりも愉しさを


本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『分かり易さに溺れない』というお話でした。
今回は、『楽しさよりも愉しさを』というお話です。

子供たちが泥だらけになって遊んでいたり、
色を塗っていて服や顔まで塗料まみれになっていても、
思いっきりな笑顔で夢中になっていたりします。

それを見ている親達は、洗濯の事や顔に付いた塗料の
始末を考えて、眉間にしわを寄せていたりします。。。

中には、一緒になってはしゃぐ親御さんも居られます。

他にも、雨の日にわざわざ水たまりに入ってみたり、
水たまりで飛び跳ねてみたり。。。

ティッシュを箱から全部出してみたり。。。

オトナでは思いもしない『遊び』をどんどんと思いついて
遊んでいます。

何かに夢中になっている時は、全然疲れ知らずに
とことんまでエネルギーを使っています。

そんな中で、何かしらのアクシデントや失敗をした時、
思いっきり泣き喚く事もあるし、怒りをあらわにする時も
あります。

その時は、手も付けられなくなったりしますが、
ある程度の時間を置くと、すっかり元に戻って、
また遊んでいたりもします。

誰かと遊んでいてケンカになったとしても、
時間が経つと、また仲良く遊んでいます。

そんな子供たちの行動は、大きな視点で観た時、
『喜怒哀楽』全ての感情をしっかりと表現して、
表に出しているし発しています。

しっかりと表現する事で、後に残る事も無ければ、
ずっと引きずる事もありません。

ソファーの上で飛び跳ねていて、落ちて痛い目に
あったとしても、一泣きすればまた遊んでいます。

そんな姿は、『楽しさ』を求めているのではなく、
『愉しさ』を求めている様に観えます。

『楽しさよりも愉しさを』

求める事で、『喜怒哀楽』全てに『制限』を付ける
必要がなくなります。

『喜楽』は出してもいいけど、『怒哀』はダメだと
思いがちですが、『喜怒哀楽』はすべて『感情』です。

どれかに『制限』を掛ければ、どれもに『制限』が
掛かります。

『楽しさよりも愉しさを』

求めていると、全ての『感情』を愉しめます。

『客観的に観る自分』が育ちます。

『楽しさよりも愉しさを』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m


心 悩み 相談 富山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000005815/p11409548c.html
メンタル 心 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

分かり易さに溺れない


本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分のリズムを刻む』というお話でした。
今回は、『分かり易さに溺れない』というお話です。

巷には、「〜〜間で〜〜になれる!」とか、
「〜〜sだった体重が〜〜に!」とか、
「〜〜日間で、〜〜な結果が!」などなど、、、

様々な『ノウハウ』や『スキル』、
『教科書』や『マニュアル』が氾濫しています。

それこそ、中には表現が悪いですが、
『クソ』にもならない様な内容のモノもあります。

類似しているモノもたくさんあるし、
明らかにパクリだよね!というのもあります。。。

それらの伝達手段としては、本だったり、
情報商材だったり、DVDや電子書籍や、
配信映像だったりします。

テレビやラジオでも情報は散乱しています。

持てはやされるのが、『分かり易さ』です。

具体的な数字の提示や人数などの情報や、
目に見える物質的な証拠画像や資格などです。

では、それらはどれもが陳腐なモノなのかと言えば、
そうではありません。

中には粗悪品もありますが、ほとんどの場合は、
本人が上手く行ったモノコトを提示しています。

それらを『カタチ』にする事で、
『ノウハウ』や『スキル』になっています。

つまりは、その本人が上手く行った方法であり、
誰もが上手く行くと言う話とは別になります。

それでもその謳い文句は、誰もに通用する様に
書かれていたりもします。

また、内容によっては自身の『ベース』に
なる部分がある程度出来ている事が、
大前提にしてある場合もあります。

そこが出来ていないヒトがそれを手にしても、
なんの価値も見出す事が出来ません。。。

それでも、商品として売れてくれないと困るので
やはい『謳い文句』は書いてあります。

そして、『謳い文句』は『分かり易さ』や『手軽さ』を
強調しています。

もちろん売る為ですから、よっぽどでない限り、
買う側、手に入れる側の『責任』と『判断』になります。

それらを身に付けるには、まずは

『分かり易さに溺れない』

という、明確な意識を持つ事です。

安易に何にでも頼ったり、もたれ掛るのではなく、

自らが調べ、自らが動き、自らの『責任』と『想い』を
持つ事です。

『分かり易さに溺れない』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m


心 悩み 相談 富山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000005815/p11409060c.html
メンタル 心 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

自分のリズムを刻む


本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『本当に好きなモノをみつける』というお話でした。
今回は、『自分のリズムを刻む』というお話です。

何かに集中してくると、『リズムに乗ってきた!』という
表現をします。

何かをやり始めて、テンポよく進んだり、コツがつかめると、
気持ちも安定してきて、モチベーションも維持できます。

反対に、コツもつかめず、テンポも揃わない状態では、
テンションも上がらず、集中力も散漫になってしまいます。

ましてや、そのモノコト自体が好きでもないモノコトだったり
すると、さらにテンションは下がります。。。

やる事なす事が、てんで空回りになったり、
やってもやっても終わりが見えない様な気持ちになります。

やればやるほど、『ミス』を犯したり、手を抜いてしまったりと
嫌気の固まりになってしまいます。

そんな時は、一旦手放して他の事に意識を向けると
『リフレッシュ』されます。

しっかりと『リフレッシュ』が出来たら、今一度そのモノコトに
向き合う為にも、

『自分のリズムを刻む』

事が大切です。

『自分のリズム』が、どんな『リズム』かを把握しておくことが
必要です。

『リフレッシュ』する為にする事の一番ベストなモノコトは、
『自分のリズム』が感じられるモノコトにするのが大切です。

一番わかりやすいのは『音楽』です。

どんな音楽を聴いている時が、一番心地いいのか?
どんな体勢で、どんな音量で、どんなシチュエーションで
聴くのが、一番心地いいのか?

そんな状態を体感できるように環境を整えておく事も
必要です。

他にも、料理やDIY、漫画やDVD鑑賞などなど。。。

ヒトによって、それぞれです。

『自分のリズムを刻む』

意識して探して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m


心 悩み 相談 富山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000005815/p11408497c.html
メンタル 心 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
植彩セラピスト うえるイメージ
植彩セラピスト うえる
プロフィール公開中 プロフィール
メンタルセラピストで
植彩セラピストのうえるです。
切り花を使ってのセラピーをしています。
またメンタル系セミナーや個人セッションを
通して『自分を自分として生きる事』
様々な悩みや想いを発する事で
ストレスが改善されたり
新たに動き出せる事を伝えています。

LOVE&PEACE パフォーマー
米国NLP協会認定プラクティショナー
メンタルケア心理士®

メンタル系セミナー
『心のバランス』セミナーを開催

メンタル系ワークセミナー
『心ックカフェ』主宰

星槎国際高等学校様にて
植彩セラピー授業(プロボノ活動)

メンタルケアハウス うえる   
射水市南太閤山

☆植彩セラピー個人セッション
☆フラワーコラージュ個人セッション
☆メンタルリーディング個人セッション
☆電話セッション

40分コース 6,000円
120分コース 20,000円
延長10分 2,000円

お問い合わせ・お申し込みは
下記のリンクにあるメールフォームより
お申し込み下さい。
その際に希望日と時間を2〜3希望
書いてくださると助かります。

3日〜4日の余裕を持ってお願いします。

その他、出張講師やセッション
ご相談承ります。

心の悩み、メンタルな相談、
いつでもお待ちしています。

ホームページはこちら。

http://uerukun.jimdo.com/

今日 合計
ビュー 2 253100
コメント 0 1608
お気に入り 0 61

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<