吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

サラの鍵



「サラの鍵」フランス映画。
ヨーロッパ人にとって、「アウシュビッツ」は、
日本人の私たちが思う以上に今も、深い因習を踏まえている。
「ドイツナチス」にすべての責任を転嫁することで、
一応の解決を観ているが、ことはそんなに単純ではない。

この映画は、現在とのリンクを保ちながら、
「命の尊さ」をさらりと表現している秀作である。

原作300万部のヒット。

何もかもドイツに責任転嫁と言う部分が、
中国、韓国が、日本に現状とっている姿に似ているが、
敗戦国の背負うものを考えさせられる作品でもある。


不思議な学びは、こちら。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10935645c.html
お勧め映画

■同じテーマの最新記事
怒り
マダムジーナ
シンゴジラ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 33 1799061
コメント 0 1125
お気に入り 0 44

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト