吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

絶体絶命の倫理



世の中には、絶体絶命のピンチが必ず凄んでいます。
何人(なんびと)もそれから逃れることはできません。
自分のしでかしたことが原因なのは無論のこと、
全くあずかり知らぬことにも巻き込まれたりします。
そんな時はどうするか。

まず、肝をすえましょう。

そのためには、
うなぎの肝吸いを日ごろから飲んでおきましょう(冗談)

アクシデントには、もろもろの心が騒ぎだし、
極度の興奮状態となり、パニックが起きます。
そのパニック状態が、更なる不幸を呼び込みます。

まず、目を閉じて、深呼吸をします。
今起きてしまったことから、
逃れたい自分の心をなだめ、平常心を創ります。

そして、起きてしまったことは
もはや取り返しがつかないことを
自分に言い聞かせ、肝を据えるのです。

そして、もはや、まな板の鯉状態で、
天の裁きを待つのです。

むやみに嘆いてはなりませぬ。
足元をぎゅっと、縄で縛るほどの覚悟を持ちましょう。

自分の都合での自死は、いけません。
何の解決にもならず、
多くの不幸をつくりだし、
何百年か後、生まれ変わったあなたは、
また同じ場面を経験しなくてはなりません。
自死は特殊な場合を省いて、ほとんど、報われないのです。

対外的交渉は
あなたが、信頼をおく、本当に力のある人に相談をすること。
内外的交渉は、
自分の心が落ち着くまで、待つこと。

絶体絶命に陥った人に対しては、
「明日は我が身かもしれない」という
慈悲の心を持って、
むやみな紛糾はさけ、ただ祈りましょう。

もちろん、できることがあれば、
手を差し伸べて。

時は有限なるこの世の特効薬です。
時が過ぎゆくのを、ただ、静かに祈りましょう。


安倍総理は、脱原発宣言をは、こちら。




スピリチュアル ヒーリング レイキ 不調 うつ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10924044c.html
ささやき

■同じテーマの最新記事
21世紀美術館
未来に住む家
法事を楽しむ余裕のありがたさ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 28 1802203
コメント 0 1125
お気に入り 0 44

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト