吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

開運の極意


「開運の極意」

は、まず、「素直」であることです。
起きてきたことを素直に受容する。

そして、客観的に自分を見つめることができるか。

「自分の超こだわり」という色眼鏡で、
知らず知らずに日常の出来事を、
濁していませんか。

それは、すごくもったいない。









「神様」の存在は、目には見えませんが、

神様は、目に見えることで私たちに、
いろいろ教えてくださいます。

それが、「シンクロニズム」なのです。

心理学的には、いろいろ講釈を付けられている
シンクロニズムの真の姿は、そこなのです。

最近の具体例をお話ししましょう。

今週のトップバッターの受講者は、
レベルの高い、個性豊かな方でした。
その方にも、私にも、
あまたのシンクロが降り注ぎ、
「何故、今?」という「気」が漂いました。

講義は、「五次元ヒーリング」 「五次元」という新しい次元の皮きり。

この講義を創った意味と、
学ぶ意味。を、このタイミングで、
お互いが深く知りました。

彼にも、さまざまシンクロが、
雪崩の如く起きるでしょう。

翌日は、くるくるパー風水の講義を聴きに行きました。
これも、まさしく、五次元の風水です。
くるくるぱーと、ご本人は、
おかしく比喩していますが、
これは究極のエネルギーの流れを表します。

それを昨日、
「浅野モオム」さんの絵を観て、確信しました。
モオムさんの絵は、くるくるパーがいっぱい。
お聴きしますと、「古代の文様」だそうです。

くるくるぱー風水講義には、
今まで自分がしてきたことの
集大成が入っていて、まさに楽しかった。

焦点は「開運法」です。

そして、帰り道、風水の先生が幾度も言われた
やぎ座のラッキーカラーである、
「スカイブルー」の車に
取り囲まれ、
「あっ、来たな」という予感。

そのあと、「7777」という車番の車が
連続して二台通り過ぎました。

7は、宇宙の数。四桁は車番マックスでしょう。

これを単なる偶然と見るか、
「シンクロニズム」のお知らせと見るか。

その気持ちの持ちようで、運の開け方が変わります。

真に単純な「開運の極意」なのです。

出会いの妙は、こちら。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10840181c.html
ささやき

■同じテーマの最新記事
21世紀美術館
未来に住む家
法事を楽しむ余裕のありがたさ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 16 1802191
コメント 0 1125
お気に入り 0 44

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト