吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

精神病は病気ではない






「精神病は病気ではない」
雪がよく降りました。
水道の水が究極に冷たいです。
昨日、高瀬神社に参拝いたしました時、

「自分が気づいていないあやまち、
知らず知らずに起こしているあやまち」

ということが、ふと頭によぎりました。

ちょっとまた、長い文になりますから、
お付き合いいただけましたら、
よろしくお願いします。

早朝より、「先祖供養」に関して考えています。
萩原玄明氏の「精神病は病気ではない」を
読み続けていますが、

「自分自身や、子孫の今の幸せのために、
今後の幸せのためにの、
先祖供養のあり方は、間違いだ」

と書かれています。
この世にやり残したことがある、
無念であると言う先祖の残存思念が、
憑依して
「治らない精神病」の原因となっているのだから、
その思いこそを供養すべきだと書かれています。

これは、私すごく合点がいきます。

過去10年の開運鑑定500件の中で、

2件だけ、明らかに「霊障」というものがありました。

この場合私は、霊性学の師「中川昌三」先生に倣い、
供養料金はいただかず、

(なぜなら、私はそれを、
生業とはしていませんので)

「21日間詫び業」を、
依頼者とご一緒にさせていただきます。
水と線香を供え、
ひたすら毎日お詫びするのです。

依頼者は、自宅にて供養していただき、
21日目には再度いらしていただき、
無念の思念を昇天させていただきます。

これは、「大吉祥菩薩」にゆだねます。

残念ながら、
全ての方にしてあげられるものではありません。
私の未熟な力で対応できるだけの案件になります。

また、相当重症の方は、私のところには
いらっしゃれません。

一応、結界がしいてあります。

あくまで開運鑑定の延長にある、
特別のものですから。

この玄明氏は、
夫婦単位の先祖という考え方をもとに、
その浮かばれない霊は
一人に数えきれないくらいいるやもしれない。
しかも、一人の供養に二万円。
と料金設定がしてあります。

氏は、それを生業になさっていますし、
確かな効果もあるそうですし、
また、ご本人の身の危険もあります。

治りきらない精神病や、
重なり続ける不幸のには、
こういうところに「根本」が
あるのではないかと、
私は、ただ今もずっと、研究中です。

ご家族に精神病者を
抱えられている方々の
藁をもすがる思いはいかに。

「知らず知らずに冒している罪」

中川昌三先生は、
「夜寝る前に、お詫びをする」
ことを進言なさっていました。

まずは、こういう身近にできることから、
はじめられてはいかがでしょうか。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10828121c.html
ささやき

■同じテーマの最新記事
21世紀美術館
未来に住む家
法事を楽しむ余裕のありがたさ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 118 1795485
コメント 0 1125
お気に入り 0 44

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト