吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

子供と個性

個性的な子供が増えました。

 

昔なら、ほっておいたさまざまな子育ての悩みが、

今、深刻になってきています。

 

子供に必要以上に気を使ってはいませんか?

 

 

中世時代、子供は労働力でした。

 

今でも、アジア、アフリカ、中東の

貧しい地域では、子供は労働力です。

 

実によく働き、親孝行です。

 

子供に過剰なちやほやができるのは、

社会が豊かになった証拠です。

 

時々、知的障害児童施設でボランティアをしていますが、

たまに接するだけの私は、

どの子も個性的で、これも楽しいなんて、

のんきに思えますが、

 

育てていらっしゃる親御さんは大変だと思います。

 

ついつい自分を責めますが、

 

問題はもっとほかのところにあります。

 

 

 

 

 

これは、ある個性的な子供さんの開運鑑定したときの

 

紫微命盤の運勢バイオリズムです。

 

 

人生の中で、幼少期が一番低い。

 

つまり、

 

子供も大変だということです。

 

 

親も大変、子も大変、学校の先生も大変。

 

三すくみ状態です。

 

大変だった子供も、いつか大人になり、

なんとなく普通になります。

 

手がかからなかった子供が、

ニートになることだってあります。

 

アインシュタインだって、エジソンだって、

小学校では落ちこぼれ。

キリストだって仏陀だって、

放蕩息子でした。

 

大切なのは、問題の本質をきちんと見つめて、

魂レベルの学びに基づく、

対応を考えることです。

 

そして、それを子供にも理解させることです。

 

子供に気を使いすぎてはだめです。

未熟なのですから、

きちんと話してやらなければわかりません。

 

話してやるべきことに、

 

その子の気質、

未来の可能性、

社会とのかかわり方があります。

 

子供鑑定で、全てアドバイスします。

 

むやみに悩みを深めないで、

人生の洞察こそを深めていただきたいと思います。

 

 

開運鑑定のあとでは、こちら。

 

幸福論は、こちら。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10789648c.html
開運鑑定

■同じテーマの最新記事
開運メンテ
本日は、開運メンテ
美しき南砺市
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 25 1787654
コメント 0 1125
お気に入り 0 45

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト