吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

天運の導き

 

 

オーロラをわが目で観るのは、

人生、天と地ほどの差がある。

 

 

写真家野村哲也君の口車に乗せられて、

素芳先生は、瞳がキラキラ。

 

「きくみさん、行きましょうよ。」

 

今から8年前のことです。

 

 

実は同じ日程で私はミスター赤塚企画の

中近東へ行くことになっていました。

 

一年前からの約束です。

 

「約束はたがえない」を信条の私はとても困りましたが、

 

素芳先生を哲也に紹介した私が、行かないわけにはいきません。

 

どの道、哲也の紹介者は、

ミスター赤塚なので、

 

 

中近東は

いつあるかわからない、

「また今度」

にしてもらいました。

 

 

そのときの参加者、鍵山秀三郎さんが、

 

「シリアで出会ったベルベル人の少年に、

運動靴があげたい」とおっしゃり、

 

「また今度の中近東」が、

 

同年の秋に企画されることになったのです。

 

 

私は、もちろん参加ですが、

 

夫もたまたま参加し、出会いとなりました。

 

(夫と、ミスター赤塚の出会いは、この年の2月です。

 

初対面のミスター赤塚から、

「弥一さん、予定空けといて」と言われ、

尊敬する秀三郎さんも参加と言うことで、

出かけることにしたそうです。

 

 

私たちは、

「シリアで知り合った。」わけです。

 

 

哲也を素芳先生に紹介しなければ

きくみさん、行きましょうよ。はなかったし、

秀三郎さんが

ベルベル人の少年にひかれなかったら、

また今度はなかったし、

 

そもそも、ミスター赤塚と私たちが出会ってなかったら

この出会いはなかったのです。

 

 

天運の導きは真に、

 

あでやかに人生を彩ります。

 

 

皆さんにも、きっと、そういう出会いが

プログラムされています。

 

 

霊性を磨いて、そのときを待ちましょう。

 

素芳先生との出会い。は、こちら。

 

開運メンテは、こちら。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10364210c.html
ささやき

■同じテーマの最新記事
21世紀美術館
未来に住む家
法事を楽しむ余裕のありがたさ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 29 1789348
コメント 0 1125
お気に入り 0 45

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト