吉祥レイキブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/kisshoten

死生学

 

 

死生学とは、

 

死という、この世の卒業式を迎えるにあたって、
どういう心構えがふさわしいかを学ぶ学問です。

 

本来ならば、先祖から「伝統」として受けつがれて、

不文律として伝わるものですが、

 

戦後体制の教育の中で、


「日本人的死生観」は、失われてしまったゆえに、

「死生学」として、復古しました。


そして、これは、あくまで

自分に対するものです。


「死」は、とてもデリケートなものですから。
自分のことだけで精一杯なのです。


結論から言いますと、

 

 

人間は、

生きたように

死んでいくのです。

 


だから、潔く死にたければ、

潔く生きなければなりません。

 


「臥して10日」という言葉があります。


今は、簡単に死なせてもらえない時代に
なってしまいましたが、

 


意志もなく、機能もないのに、
肉体だけを存続させることは
生命の尊厳にふさわしいことなのでしょうか。

そこに、執着はないのでしょうか。

 


人間は、死んだらおしまいではないことは、

 

エジソンだって、

アインシュタインだって

知っていました。

 


今は、21世紀ですから、いろいろなことが
変化していきます。


この景気もそのひとつです。


高度成長期を経験したことのない、
バブルを知らない若い人たちが
苦しんでいる社会は、
根底から見直すべきでしょう。


昔から賢人は、
死期を悟ると、食を減らして
準備に入ります。

 

死は怖がるものではありません。
次の世界への旅立ちですから。

ただし、寿命まではちゃんと生きないとだめです。

 


「死生学」は、あくまで自分の中のものです。


私は、潔く旅立ちたいです。

 

 

自分を知るは、こちら。



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000004565/p10347316c.html
ささやき

■同じテーマの最新記事
21世紀美術館
未来に住む家
法事を楽しむ余裕のありがたさ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
吉祥天イメージ
(有)吉祥研究会 代表取締役
1976年創業2004年社名変更
開運鑑定士、吉祥レイキグランドマスター。五次元ヒーリングヒーリンググランドメンター。開運コンシェルジェ養成。自分の宿命を知り、霊性に目覚めれば、無駄な悩みは無くなります。経済的、精神的自立をしましょう。著書に「ある日突然玉の輿」名古屋、富山に教室あり。
http://www.k-reiki.com/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 12 1800684
コメント 0 1125
お気に入り 0 44

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト