chrisのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://toyama.areablog.jp/chris2017

西野ジャパンのW杯直前合宿 気になる緩い空気感

サッカー日本代表の緩い空気感はかなり露呈されていますね。

日本人の美学の負けてもかっこよくいるという感じは
どうしても勝ちたいという気持ちは全く感じません。

必ず勝つという気持ちがまず弱いです。

これが外国人選手との大きな違いです。

外国人はボールを持ったらパスばかりせずに
シュートに持っていきますが、日本人選手は
すぐにパス回しの繰り返し。

素人目にも彼らの何を躊躇しているのかといつも
思います。

日本人のこの精神面はサッカーでは絶対にあってはならない
のですが、彼らは如実にこの精神面を表に出してきます。

時代が変わっても同じです。

南アフリカ大会の時は何故か攻めの気持ちがかなり強く感じました。

監督もオシム氏から岡田監督に急きょ変わりとにかく試合に
望まないといけない感じで余計なことを考えずにプレーしていた
感じがします。

ですが、今の日本代表には感じられません。

これが緩い空気感です。

これはかなり重症です。

日本は間違いなく一勝も出来ずに予選リーグで敗退。

何故、危機感を感じないのでしょうか?

ゴールキーパーの川島も選べてラッキーという感じです。

もう日本代表には全く気迫も感じられません。

選ばれて当然の顔をしている本田の表情は嫌いです。

彼の顔からは昔のハングリー精神は消えてます。

ゴールキーパーの川島も結婚して子供が出来て
ハングリー精神のかけらもありません。

長谷部も同じです。

チームに帯同している井手口だけはハングリー精神に
満ちている感じがします。

日本人にはサッカーは向いていないのをわざわざ世界に知らしめる
ための大会になるのは残念です。

結果日本では世界で活躍して超有名な選手になる選手は生まれないです。

ドイツ大会での日本代表のようにブラジル戦を見れば日本人が
いかに勝つよりも美学というものに重きを置いているのが大問題です。

やはり日本人には野球です。



サッカー
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://toyama.areablog.jp/blog/1000263134/p11747018c.html
エンタメ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
chrisイメージ
色んな事について情報発信するブログです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 108
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード